The SAZABY LEAGUE

News

News

Flying Tiger Copenhagen
2016.3.29
ブランドニュース

Flying Tiger Copenhagen

Flying Tiger Copenhagen初のアーティスト・コレクション発表
『Play with Misaki Kawai』シリーズ全27アイテムを
4月29日(金)より発売開始
イメージ

Zebra Japan株式会社(本社:東京都渋谷区神宮前/代表取締役CEO 山本浩丈)が運営するファンライフスタイル雑貨ストア『Flying Tiger Copenhagen(フライング タイガー コペンハーゲン)』は2016年4月29日(金)より、フライング タイガー コペンハーゲン初となるアーティスト・コレクションを発売します。その最初のアーティストは、コンテンポラリーアート界で注目の日本人アーティスト”河井美咲”です。今回、『Play with Misaki Kawai』シリーズとして、全27アイテムを世界27の国と地域で発売いたします。

創造性とアートの融合は、心と身体を笑顔にし、人々をハッピーにすると考えているフライング タイガー コペンハーゲンは、今回、遊びと現代アートの新たな届けかたとして、日本人アーティストの河井美咲とコラボレーションを行うことを決定。1年以上もの間、この準備を進めてきました。このコラボレーションは心と身体をハッピーにすることを意図した新しいインスタレーションの発想です。フライング タイガー コペンハーゲンは今まで様々なアーティストやデザイナー、ミュージシャンと様々な活動を取り組んできましたが、実際にアーティストが自身のシリーズを展開するのは初の試みとなります。

今回のコラボレーションにおいて、河井美咲は、”この仕事を通して、たくさんの人たちからいろいろなインスピレーションをもらいました。すごくいい時間を過ごせたし、たのしいグッズがたくさん出来たと思います。これらを通して、世界中の人々の日常がいっそう楽しくなるとうれしいです。”とコメントしています。

【アーティスト・コレクション概要】

  • コンセプト
  • ”Play with Misaki Kawai”
  • 発売開始
  • 2016年4月29日(金)世界同時発売
  • 発売アイテム数
  • 27アイテム
  • 発売エリア
  • 世界27の国と地域約600店舗
商品一覧

河井美咲について
香川県生まれ。大阪府で育ち、京都芸術短期大学を卒業後、ニューヨークに拠点を移しました。日本のポップカルチャーや建築からの影響をアートに組み込む作風でニューヨークで人気を博しました。主な作品は、布、毛皮、紙、木材、毛糸などの日用品を用いた、カラフルでプレイフルなペインティング、インスタレーション、立体作品、映像、音楽です。彼女の作風は、ユーモラスでありながら真っすぐで遊び心があり、Flying Tiger Copenhagenとのコラボレーションはそんな彼女の芸術の延長であると言えます。彼女の作品は世界中で展示されており、ニューヨークのMoMA PS1やスウェーデンのマルモ美術館でも個展が行われました。

Play with Misaki Kawai

河井美咲のアートについて
河井美咲は、色とりどりの宇宙や遊び心のあるキャラクターなどの独特な芸術的感性をもって、現代アート界に特別な存在感を放っています。その個性的なキャラクターを描く手段としては、ペインティングに重きをおきながらも、時には筆とキャンバスを手放し、多彩な材料を駆使して創造を展開させます。その一部は、織布、本、写真、映像、音声、洋服など、とどまることを知りません。

河井美咲の作品は、アメリカと日本のポップカルチャーやコミック文化に大きな影響を受けています。また、そのユーモラスでクセになる宇宙観は二次元作品にとどまらず、巨大作品やインスタレーションなどにも現れています。彼女の作品に直面すれば、誰もがそれらが遊び心によって導かれた賜物であることに気づくでしょう。

イメージ

彼女の特徴的で、クセになる宇宙観は非常にユニークです。宇宙ステーションや、にっこり笑うバナナの絵、筋肉もりもりのサーファー、ゆがんだ笑顔にサングラスをかけたパイナップルや、ライオン、大きな女性の象徴など、多様性に溢れています。その遊び心と驚きは、子供から大人までを惹きつけると共に、人々に向けて彩り、個性、ユーモア、そして前向きなエネルギーを解き放っています。

イメージ

いっしょに遊ぼう
河井美咲の手掛けるインスタレーションは、鑑賞者を作品の中へと誘い込みます。鑑賞者はその一部となり、やがて彼女の宇宙の一員となるのです。彼女の彫刻の上に座ったり寝そべったり、6メートルのベビーピンク色をした犬のぬいぐるみの毛並みをといたり、鑑賞者の挑戦的な参加を促します。河井美咲は自身の色彩とキャラクターのお祭りを開催したこともあり、その際も参加者を仲間入りさせることを忘れませんでした。
彼女の作品は児童画にきわめて類似した印象をもたらしていると評されることが多いですが、実際に子供や子供心を惹きつけるだけではなく、人々のユーモアや前向きなエネルギー、素晴らしい感情のさざなみを引き出すことができるのです。

河井美咲とFlying Tiger Copenhagen(フライング タイガー コペンハーゲン)

イメージ

Flying Tiger Copenhagen(フライング タイガー コペンハーゲン)は、そんな河井美咲のアートや、遊び心、創造力と前向きなエネルギーをできるだけ多くの方々と分かち合いたいと思っています。そこで、今回、彼女の創造力を存分に開放してもらうためにデンマーク本社に招きました。それから12か月の間、彼女はデンマークのデザインチームと共に、フライング タイガー コペンハーゲン初のアーティスト・コレクションを制作してくれました。27アイテムもの新しい限定商品の開発が行われ、それらは木製のおもちゃから、面白いデザインの靴下まで非常にバリエーション豊かです。

フライング タイガー コペンハーゲンは、健やかな心と身体づくりのために創造性とアートがとても重要だと感じています。そのため、過去にもアーティストやデザイナー、ミュージシャンと密接に関わってきました。今回、実際に自社商品にアーティスト独自の世界観を表現し、それをコレクションとして展開するのは初めての試みです。河井美咲としては、自身のアートにより多くの人を巻き込み、子供部屋やキッチンなど世界中のお茶の間に親しまれ、健やかな心と身体づくりのための創造性とアートという考え方をさらに大衆化させたいという気持ちから、フライング タイガー コペンハーゲンとのコラボレーションを希望し、実現しました。

河井美咲の作品は、ニューヨークのMoMA PS1、Children’s Museum of the Arts、スウェーデンのMalmö Konsthall、ボストンのInstitute of Contemporary Art、東京のワタリウム美術館を含む様々な美術館で展示されました。

■Flying Tiger Copenhagenとは

1995年に北欧デンマーク・コペンハーゲンで誕生し、現在ではヨーロッパを中心に世界27の国と地域595店舗を展開しています(※2016年3月1日現在)。ストア内は入口から出口までワンウェイショッピングで、毎月数百種類のアイテムが登場します。ユーモアや色彩に富んだスカンジナビアンデザインのアイテムを通じ、驚きとエンターテイメントにあふれたショッピング・エクスペリエンスを提供するファンライフスタイル雑貨ストアです。日本では東京、千葉、神奈川、埼玉、愛知、大阪、兵庫、京都、福岡の全24店舗を出店しています(2016年3月1日現在)。

*スマートフォン用オフィシャルアプリ[Apple版/Android版]もリリースしています。

お問い合わせ

<報道関係者のお問い合わせ先>
■フライング タイガー コペンハーゲン PR事務局(株式会社サニーサイドアップ内)
担当: 清水(080-4130-8192)、直(なお)、澤井、河井
TEL:03-6894-3200/FAX:03-5413-3050/E-MAIL:ftc@ssu.co.jp
↑PAGETOP