The SAZABY LEAGUE

News

News

Shake Shack®
2017.10.30
ブランドニュース

Shake Shack®

カラシビ味噌らー麺 鬼金棒とコラボした「KARASHIBI Burger」
11月11日(土)のみ外苑いちょう並木店にて400個限定販売
カラシビバーガー
Shake Shack × 鬼金棒 コラボ写真

株式会社サザビーリーグ(本社:東京都渋谷区千駄ヶ谷/代表取締役社長 角田良太)が運営するニューヨーク発のハンバーガーレストラン「Shake Shack®」(以下、シェイク シャック)は、日本上陸2周年を記念して「カラシビ味噌らー麺 鬼金棒」(以下、鬼金棒)とコラボレーションした「KARASHIBI Burger(カラシビバーガー)」を2017年11月11日(土)のみ、日本1号店である外苑いちょう並木店にて400個限定で販売いたします。

昨年大好評を博した日本料理店「傳」の長谷川在佑氏に続き、今年も日本上陸のアニバーサリーを記念して全く趣の異なるブランドとのシェフコラボレーションが実現。このたびは、唐辛子と山椒をふんだんに使用した「カラシビ味噌らー麺」で知られる「鬼金棒」の店主三浦正和氏と、その味に兼ねてより魅了され来日時には頻繁にお店に訪れているShake Shackのメニュー開発ディレクター マーク・ロザッティがコラボレーションし、お互いのブランドの要となる食材を掛け合わせた逸品「カラシビバーガー」を生み出しました。

「カラシビバーガー」は、奥の深い風味と辛味のオリジナル唐辛子スパイスに、インパクトある痺れを持つ香り高い山椒をブレンドした「鬼金棒」の命とも言える“カラシビスパイス”を、黄味がかった白色が鮮やかな朱色に変わるほどシャックソースに混ぜ込み、上下のバンズにたっぷりとスプレッドしています。ジューシーに焼き上げたホルモン剤フリーのアンガスビーフ100%のパティの上には、八角などのスパイスで香り付けし甘さを引き立てたとろける角煮チャーシューを豪快に2枚乗せ、甘酢漬けのキュウリとシャキシャキとしたネギをトッピング。さらに、「鬼金棒」のトレードマーク“金棒”をイメージしたヤングコーンの素揚げを添えており、バーガーを頬張りつつ、ピクルスのように合いの手につまみながらお召し上がりいただけます。旨味溢れるボリューミーな2種の肉に、“カラシビシャックソース”が奥行きのある辛味とパンチをきかせ、トッピングの野菜が食感のアクセントとなった至福のチャーシューバーガーは、これまでにない新しい味わいです。

ニューヨーク発のハンバーガーレストランと東京のラーメン店による、一日限りの数量限定品をご堪能ください。

KARASHIBI Burger

商品名
KARASHIBI Burger(カラシビバーガー)
価格
¥1,080(税抜き)
提供期間
11月11日(土)
提供個数
400個限定、売り切れ次第終了
カラシビバーガー

店舗情報

●シェイク シャック 外苑いちょう並木店

所在地
東京都港区北青山2-1-15
営業時間
11:00~22:00
席数
店内67席 / テラス100席
電話番号
03-6455-5409
シェイク シャック 外苑いちょう並木店 外観

Shake Shack, Inc. メニュー開発ディレクター マーク・ロザッティについて

2003年にユニオン・スクエア・ホスピタリティ・グループ内のニューヨークを代表するレストラン「グラマシー タバーン」を経験したのち、2007年にシェイク シャック1号店であるマディソンスクエアパーク店のマネージャーを務め、翌年にマネージャーとして2号店のアッパーウェストサイド店のオープンに携わる。常にキッチンで新しいレシピ作りに熱中していたマークは、2010年に料理開発マネージャーに任命され、現在はメニュー開発ディレクターとしてシェイク シャックの全メニューを監修。ファインカジュアルのさらなる可能性を模索し続けている。彼の考案したレシピは長年に渡ってシェイク シャックの定番メニューとなり、世界中で愛されている。

鬼金棒 三浦正和氏について

東京を代表するらー麺店、麺屋武蔵一号店である青山店店長を経験したのち、初のセカンドブランド麺屋武蔵二天の立上げを任され、店長として活躍。以降、約10年間修行を積んだ後、2009年に独立を果たし、“五感で楽しむらー麺”をコンセプトに「カラシビ味噌らー麺 鬼金棒」を東京神田に立ち上げる。唐辛子の辛さと山椒の痺れが特徴の「カラシビ味噌らー麺」で、ラーメン界に新風を吹き込んだ。現在、国内3店舗、2015年には台湾に初となる海外進出を果たし、台北市内で3店舗を展開。海外でも人気を博している。

鬼金棒 三浦正和さん

シェイク シャックについて

シェイク シャックについて
シェイク シャックについて

ニューヨーク発、新しいスタイルのハンバーガーレストランとして知られるシェイク シャックは、ホルモン剤フリーのアンガスビーフ100%のハンバーガー、ホットドッグ、フローズンカスタード、フレンチフライや、オリジナルのビール、ワインなどを提供しています。

シェイク シャックは、レストラン業界の巨人と称されるユニオン・スクエア・ホスピタリティ・グループの創業者ダニー・マイヤーが、2001年にマディソンスクエアパークの再生を目的としたアートイベントに慈善活動として小さなホットドッグカートを出店したことから始まりました。3年間夏季限定で出店したカートには連日行列ができ、人々が再び公園に集まるきっかけを作った功績はニューヨーク市に認められ、2004年に1号店となる常設店を公園内にオープンするにいたりました。その後アメリカのみならずロンドン、イスタンブール、ドバイ、モスクワ、東京、カンナムを含むさまざまなロケーションに店舗をオープンしています。

「モダンなバーガースタンド」をコンセプトに、ルーツである高級レストラングループのホスピタリティとハイクオリティな食事へのこだわりを継承しながら、新鮮でシンプルかつ手ごろな価格のメニューをご用意。楽しくてワクワクする、地域の人々が気軽に集う“コミュニティーギャザリングプレイス”として幅広い人々に愛されています。また、レストラン業界において「ファインカジュアル」という新しいカテゴリを築いたパイオニアとしても知られています。

さらに、「Stand For Something Good™」というブランドミッションのもと、高品質で安心・安全な食材の調達や地球環境に優しいデザインを採用。そして店舗内はもちろん、店舗の壁を越えた周りのエリアまでホスピタリティを広げたいという思いから地域コミュニティーのサポートを行なうなど、レストランの枠組みに捉われないさまざまな活動を行なっています。

ブランドサイト
www.shakeshack.jp
Facebook
www.Facebook.com/ShakeShackJapan
Instagram
www.instagram.com/shakeshackjpn/

お問い合わせ

株式会社サザビーリーグ アイビーカンパニー シェイク シャック事業部

TEL : 03-5412-1882 MAIL : pr@shakeshack.jp

シェイク シャック PR事務局(株式会社サニーサイドアップ内)担当 : 牧野、蜂須賀

TEL : 03-6894-3251 MAIL : shakeshack_pr@ssu.co.jp

↑PAGETOP