The SAZABY LEAGUE

News

News

AKOMEYA TOKYO
2015.9.28
ブランドニュース

AKOMEYA TOKYO

10/25(日)開催!「100年ごはん」上映会&皆川明さんと新米を味わう会
20150924_アコメヤトウキョウ_1_100年ごはん
大林千茱萸(おおばやし・ちぐみ)監督作品『100年ごはん』(65分)の上映会と、minä perhonen の皆川明(みながわ・あきら)さんと一緒に、今年の新米を味わうAKOMEYA TOKYO ならではのスペシャル企画イベントを開催します。この企画は、皆川さんと『100年ごはん』、そして大林監督との出会いから始まりました。映画は大分県臼杵市が「子どもたちの給食を地元の野菜でまかないたい」という、シンプルながらとても強い願いに、町ぐるみで取り組む姿を、“いまを生きるワタシ”から“100年後に生きるアナタ”との会話を通して綴ってゆく、とても個性的なスタイルのドキュメンタリー映画です。

その上映活動がとてもオリジナルで、映画を観て(視覚&聴覚)、共に映画に登場する野菜の食事をし(味覚+嗅覚)、参加者と語り合い、未来へつなぐバトンとして「土」に触り(触感)持ち帰るという、映画を丸ごと五感で味わって戴く上映会です。これまで一期一会の異なるスタイルで上映会が行なわれ、全国各地・海外も含め100回を超える上映を参加者の方がバトンをつないで開催されています。皆川さんもバトンをつなぐ一人として、この『100年ごはん』、大林監督の取組みに共感し実現となりました。

AKOMEYA TOKYOでは、美味しい新米の届く『新米祭り』のこの時期に実施できることも、何よりと思っています。当日は、AKOMEYA TOKYO が厳選し土鍋で炊いた新米を映画の上映と共に、皆川さん・大林監督と一緒に味わいながら、トークセッションをお楽しみください。また、映画の舞台である大分県臼杵市の野菜を使った皆川さん特別レシピのおかずもご用意する予定です。スタッフにお食事を振る舞うことの多い皆川さん。わき合い合いとした雰囲気で、美味しい新米を皆さんで味わうのはいかがでしょう。映画から食、そして100年という時間軸から見えてくるものとは。ぜひ皆さまとこの素敵な時間を共に過ごせたらと思います。

詳細に関してはこちらをご覧ください。

お問い合わせ

※写真素材のご要望等、掲載・取材に関するお問合せは、以下担当者にご連絡ください。
株式会社サザビーリーグ AKOMEYA事業部 担当者:安森 奨悟
〒104-0061 東京都中央区銀座2-3-6 銀座並木通りビル10F
TEL:03-6758-0260 / FAX:03-6758-0261 MAIL:s_yasumori@sazaby-league.co.jp
↑PAGETOP