The SAZABY LEAGUE

News

News

Shake Shack®
2016.10.28
ブランドニュース

Shake Shack®

「DEN Shack」 11月3日(木・祝)に外苑いちょう並木店にて数量限定販売!

株式会社サザビーリーグ(本社:東京都渋谷区千駄ヶ谷/代表取締役社長 角田 良太)が運営するニューヨーク発のハンバーガーレストラン「Shake Shack®」(以下、シェイク シャック)は、日本上陸1周年を記念してミシュランガイド東京2016にて1つ星を獲得した日本料理店「傳」とコラボレーションした1日限りの限定バーガー「DEN Shack(デンシャック)」を、2016年11月3日(木・祝)に日本1号店である外苑いちょう並木店にて、数量限定で販売いたします。

ニューヨークで愛されるハンバーガーレストランとミシュランガイド東京2016にて1つ星を獲得した日本料理店というこの稀有なコラボレーションは、互いをリスペクトする友情から生まれました。「傳」のシェフ・長谷川在佑氏が、ニューヨークに訪れた際にマディソンスクエアパークでシェイク シャックを体験。そのあまりの美味しさに、Instagram にてShake Shack Inc.のメニュー開発ディレクターであるマーク・ロザッティを探し出し、その感動を伝えるべくダイレクトメッセージを送りました。また、マーク・ロザッティもシェイク シャック上陸準備のために幾度も来日する中で、「傳」の評判を聞きつけ、実際に店舗に訪れ、その料理に感動。敬愛の気持ちを込めて、シェイク シャックのロゴとなっているバーガーアイコンと“Shack Den”の文字を多数の著名な料理人のサインが連なる「傳」の壁に書き残しました。こうして、二人の交流は始まり、長谷川在佑氏も夢見ていたと語るコラボレーションが実現いたしました。

日本上陸1周年という特別な日を祝い盛り上げると共に、これまでにない新たな形で高級レストラングループであるユニオン・スクエア・ホスピタリティ・グループをルーツに持つシェイク シャックならではのファインカジュアルな魅力をお届けいたします。

DEN Shack
開発者

「DEN Shack (デン シャック)」

ジューシーなホルモン剤フリーのアンガスビーフ100%のパティの上にアップルウッドでスモークしたベーコンをのせ、したたるほど特製ソースをたっぷりかけ、さらに酢の物をイメージしてマリネしたキュウリをトッピングし、ポテトバンズではさみました。特製ソースは、日本のシェイク シャックのバーガー全種類に使用しているシャックソースに、卵黄やみりん、酒などと共に練った「傳」の赤味噌をあわせ、香りのよい山椒の粒をふんだんに混ぜ込んでいます。

甘みとコクのある特製ソースがパティの肉汁とスモーキーなベーコンと相まってまろやかな味わいを生み、鼻に抜ける山椒の香りとみずみずしく甘酸っぱいキュウリが爽やかなアクセントを加え、絶妙なバランスを織り成しています。アメリカと日本、2つの国の伝統とモダンが合わさった逸品をご堪能ください。

【価格】 930円(税抜)

【販売日時】 2016年11月3日(木・祝)11:00a.m.~10:00p.m. ※なくなり次第終了

【販売店舗】 外苑いちょう並木店

  • シェイク シャック 外苑いちょう並木店
      • 所在地
      • 東京都港区北青山2-1-15
      • 営業時間
      • 11:00a.m.~10:00p.m.(不定休)
      • 席数
      • 店内67席 / テラス100席
      • 店舗電話番号
      • 03-6455-5409
  • SS外苑店・外観

Shake Shack Inc. メニュー開発ディレクター マーク・ロザッティ

  • マーク・ロザッティ氏
  • コネチカット州出身。2003年にニューヨークを代表するレストラン「グラマシー タバーン」を経験したのち、2007年にシェイク シャック1号店であるマディソン スクエアパーク店のマネージャーを務め、2008年にはマネージャーとしてアッパーウェストサイド店のオープンに携わる。
    常にキッチンで新しいレシピ作りに熱中していたマークは、2010年にシェイク シャックの料理開発マネージャーに任命され、現在はメニュー開発ディレクターとしてシェイク シャックのメニューを監修。シンプル且つ洗練されたメニューを開発し賞賛を受けながらも、常に努力を惜しまず、最高のカジュアルレストランの更なる可能性を模索し続けている。彼の考案したレシピは長年にわたってシェイク シャックの定番メニューとなり、世界中で愛されている。

  • 日本料理店 傳 店主 長谷川氏
  • 傳店主 長谷川在佑氏
  • 日本料理店『傳』の店主、長谷川在佑。幼い頃、芸者をしていた母親が仕事先の料亭から持って帰ってくる弁当を食べ、料理に興味を持つ。高校卒業後、『神楽坂 うを徳』に住み込み、18歳から修行を積み始める。他にも様々な料理店で経験を積み、2007年29歳で独立。東京・神保町に『傳』を開店する。開店からわずか 3年目で『ミシュランガイド東京2011』にて二つ星を獲得。
    豊富な食材、四季、日本独特の文化といった日本の良さを大切にしつつ、今までの日本料理の枠にとらわれない新しいかたちの日本料理を提供している。
    2016年版「アジアのベストレストラン50」にランクイン、2016年年版「世界のベストレストラン50」では「注目のレストラン賞」を受賞。海外から最も注目をされている 日本料理店である。

  • シェイク シャックについて

    イメージ

    ニューヨーク発、新しいスタイルのハンバーガーレストランとして知られるシェイク シャックは、ホルモン剤フリーのアンガスビーフ100%のハンバーガー、ホットドッグ、フローズンカスタード、フレンチフライや、地域でセレクトしたビール、ワインなどを提供しています。

    シェイク シャックは、ニューヨークで数々の人気レストランを手がけるユニオン・スクエア・ホスピタリティ・グループの創業者ダニー・マイヤー氏が、2001年にマディソンスクエアパークの再生を目的としたアートイベントに慈善活動として1台のホットドッグカートを出店したことから始まりました。3年間夏季限定で出店したカートには連日行列ができ、人々が公園に集まるきっかけを作った功績がニューヨーク市に認められ、2004年に1号店となる常設店を公園内にオープンするにいたりました。その後アメリカ15の州とコロンビア特別区、ロンドン、イスタンブール、ドバイ、モスクワ、カンナムを含む海外のさまざまなロケーションに店舗をオープンしています。

    「モダンなバーガースタンド」をコンセプトに、ルーツである高級レストラングループのホスピタリティとハイクオリティな食事へのこだわりを継承しながら、新鮮でシンプルかつ手ごろな価格のメニューを提供。楽しくてワクワクする、地域の人々が気軽に集う“ギャザリングプレイス”として幅広い人々に愛されています。

    また、Stand For Something Good™ というミッションを通じて高品質で安心・安全な食材を使うことにとどまらず、地域に溶け込み環境に配慮した店舗デザインを採用すること、地域社会への貢献などさまざまな活動を行っています。

    お問い合わせ

    ■報道関係者のお問い合わせ

    株式会社サザビーリーグ アイビーカンパニー シェイク シャック事業部

    TEL:03-5412-1882 MAIL:pr@shakeshack.jp

    シェイク シャック PR事務局(株式会社サニーサイドアップ内)担当:牧野、澤井、陶山

    TEL:03-6894-3200 MAIL:shakeshack_pr@ssu.co.jp

    ↑PAGETOP