ピープル

2022.04.14

「チャレンジを楽しもう!」
エーアンドエスカンパニー 美穂さん

Who Am I?”私を追求する仕事”をテーマに、サザビーリーグの様々なお仕事をご紹介!今回は、サザビーリーグ エーアンドエスカンパニーの美穂(みほ)さんにインタビューしました。

 

 

現職の前は、全く違う業界にいらしたとか?

建築系の学校を卒業後にハウスメーカーに入社しました。業界違いの株式会社エーアンドエス(現AAS)に転職したのは、店舗の空間デザインや商品ディスプレイがとても素敵だったから。あんな素敵な空間で働きたいなと思ったのがきっかけなんです。ジュエリーブランドの「agete」の販売スタッフとして入社し、憧れの空間で販売に従事。社内インターン制度「ワンズ・トライアル(※)」に思い切って応募し、人事総務課で新卒採用業務を担当することになったのは入社して6年目のことでした。その後、agete高松店への転勤を経て東京に戻り店長に。2021年4月より、人事課に異動し採用業務を担当しています。

 

※ワンズ・トライアル  店舗に所属する販売スタッフの方々の将来の可能性を広げることを目的とし、1年間限定の本社での業務体験を通し「自分らしく」「多様性のあるキャリア視点」を応援するAAS独自の社内インターンシップ制度

 

 

転勤で2年間勤務した、agete 高松店 2021年7月31日にリニューアルオープンしました。(こちらはリニューアル前の写真)

ageteの中でも数少ない路面店で、ブランドの世界観が詰まった大好きな店舗だそう。

 

 

新卒で入社したハウスメーカーからすごいキャリアチェンジですよね?もともと明確なビジョンがあったんですか?

いえ、その逆で全くやりたいことが分からなくて…。ワンズ・トライアルも、人事での採用業務を経験する事で店舗に何か持ち帰るものが見つかるといいな、という気持ちで応募したんです。新しい環境に飛び込んだり、新たな取り組みを始めると、課題が見つかり勉強するじゃないですか。その課題を克服できた時に、自分は出来るんだ!という自信につながりますし、その時の流れに乗って、流されてみるのも良い!と思っています。

 

 

サザビーリーグの資格取得支援教育制度を利用した通信講座では「Numberで学ぶ名将たちのリーダーシップ(以下、Number)」と「ボールペン字入門」を受講した美穂さん。その心は?

店長になってすぐ、新型コロナウィルスの影響で店舗が休業となり、店舗の仲間とコミュニケーションが取れず悩んでいました。以前から成果を上げるためのコミュニケーションの難しさを感じていたタイミングでこの講座を知り、私自身サッカーが好きでNumberはずっと読んでいたので気軽に取り組めると思って始めました。ボールペン字は、お客様にお送りするサンクスレターを綺麗な字で書きたいなという単純な理由(笑)

 

 

資格取得支援教育制度を利用してみて良かったことは?

様々なリーダーシップコミュニケーションに関する話が出てくるので、今までの自分には無かったリーダーシップの引き出しを得ることが出来ました。リーダーって色々なタイプの人がいて良いんだと思えました。オシム監督や岡田監督といった偉大な監督でもリーダーシップに悩んでいたことを知れたことが心の支えになりました!

また、お店で働くひとりひとりのタイプに合わせて、かける言葉やタイミングを変えたり、持っている強みを伝えてから課題点を話すなどアプローチを変えることでコミュニケーションがよりスムーズになったと実感しています。

着任した時、お客様と向き合う時間を捻出するために、それ以外の業務を効率化することが重要と考えました。それを店舗の仲間に伝えるのに最初は苦労していたのですが、講座で学んだように、岡田監督風、オシム監督風と伝え方も使い分けて言い続けてみたんです。半年後にはメンバーからも「効率」という言葉を聞くようになり業務効率化が進み、自主的に接客ロープレをするようになっていました。自分の想いが伝わり嬉しかったです。

 

 

最後に新たなチャレンジを考えている人へ向けてメッセージをお願いします!

誰でも、新しい環境に飛び込むって怖いと思うんです。でも、実際に飛び込んでみると思ってもいないところで得られるものも多いんだと実感しました。社内インターンって難しそう、転勤絶対嫌だ、店長大変そうというイメージを持たれがちですが、良い意味で流れに身を委ねてみることで新しい自分に出会えると思います。

 

知っているようで知らないサザビーリーグのお仕事の数々。今後も、様々なお仕事とそこで輝く仲間を紹介していきたいと思います。