Ron Herman 再生可能エネルギーへの取り組みスタート

“Love for Tomorrow” LOVEのある本質的なサステナビリティに取り組みたい。という思いでロンハーマンは2021年5月、サステナビリティ・ビジョンを発表しました。その中の1つである「2030年までにロンハーマン事業のCO2排出実質ゼロ」を実現するために、ソーラーシェアリング施設を新設いたします。

今回のプロジェクトでは、市民エネルギーちば株式会社、そして匝瑳市の地元農家とのコラボレーションにより太陽光発電でクリーンエネルギーを生産。ここでつくられた電力はロンハーマン店舗へ供給し使用します。
使用する太陽光パネルは全てリサイクルパネルを用いて建築され、パネルの下では有機農業を行います。